2017年8月16日水曜日

イベント参加記録 コミックマーケット92 その5(成年向け)

その4の続きだが、今回の記事は全範囲成年向けであるため、未成年の方やエロに耐性のない方は閲覧を止めていただきたい。
法的にも精神的にも問題ない方のみ読み進んでほしい。
















さて、感想に参る。

1冊目は、配置場所:東C-13b、稲荷屋の「姉弟における性交渉の記録」。
画像引用元:とらのあな
オリジナルの同人誌で、ジャンルは、おねショタ。まあ表紙見れば別に言わなくても分かる、よね。
本編は大雑把に言えば、母が再婚したことで父の連れ子である小学6年生の義弟の裕人が家族になって、表紙にある義姉の女子高生の理紗と裕人が屋内外問わずセックスしまくる内容である。

実は、3日目の前日に、何かほかによさげな同人誌は無いかととらのあなで新刊委託ページをズラッと見ていたところ、この本を見つけたのだ。絵や内容が私の好みだったので本当はネット予約したかったが売り切れていた。それ故に、仕方なく当日に会場で買うことを決めて、入場してからまずこのサークルに突撃して無事購入できた。

ある日、理紗は裕人に夜、オナニーをしているところを見られてしまう。
理紗は「ぶっちゃけ見たでしょ、私のオナニー」と聞いて、見たと答える裕人の素直さに惹かれて猥褻な行為を持ち掛ける。つまりは私のアレ見たんだから裕人のアレも見せてよ、という具合である。

実際には見せるだけでなくフェラチオもするのだが、この時のいやらしくなめる理紗の表情がたまらないのである。フェラチオの後はゴムをつけてセックスに至る訳だが、義理とは言え弟のチンコにイカされることで、理紗は体の相性が良いことを認識させられてしまう。

それからは、思春期であることも相まって裕人の性欲が「野生解放」され、公園と思われる場所の物陰で立ちバックのセックスをしたり、ゴムがないのに快楽を優先して中出しセックスをしたり、母が近くにいるのに正常位でチンコを押し付けられてアクメに達したりと、様々なシチュエーションで求め合っている姿が描かれている。
最後は、危険日であるにもかかわらずゴム無し中出しで両者ともに絶頂するシーンで、かなりアソコが痛いほどスタンダップしていた私は果てた。

おねショタ好きな人には十分満足していただける内容となっており、胸のやわらかさや弟の健気に腰を振る姿は見どころと思う。



2冊目は、配置場所:東A-33a、NANIMOSHINAIの「サキュバステード6」
画像引用元:とらのあな
オリジナルの同人誌で、ある男子高生(松河くん)が同じ学校に通う女子高生のサキュバス(櫻町冬子[さくらまち とうこ]、表紙の彼女。ほかにも1名いる。)から精液を搾り取られる内容である。ちなみにサキュバステードライフは既に1~5が頒布されており、これはその新作である。待ってた。

本編は、期末試験の打ち上げでカラオケに来ているところから始まる。ちなみに、あまりにもセックスに没頭しすぎて松河くんは成績不振に陥り、射精を最小限に抑えるように冬子らから接触や性交渉を禁じられている状況である。

しかし、以前からお世話になっていたサキュバスではない女子高生、黄泉沢月季乃[よみさわ つきの]と偶然会ってしまい、性欲を抑えられずにお互い立ってセックスしてしまう。
すごく気持ちよさそうに描かれているので思わず「松河そこ変われ」と言わんばかり。

どのセックス描写も「エロォォォォォいッ説明不要!!!」であり、抜きまくりたい時にこの同人誌は、あなたの期待する以上の気持ちよさを感じさせてくれることだろう。

個人的にお気に入りなのはフェラチオのシーン。


※秋園栞奈[あきぞの かんな]が搾精しているコマ
その他のシーンは買ってからのお楽しみとさせていただく。
精液を搾り取られる系のエロ本をお探しの方には絶品の一冊である。



3冊目は、配置場所:東ラ-51a、Noviaの「俺とメイドの入れ替わりライフ」
画像引用元:とらのあな
オリジナルの同人誌で、ジャンルはTSF。TSFとは、Trans Sexual Fictionの略語であり、性の入れ替わりを意味する。ちなみにFはFantasyと表すこともある。

ちなみに私はTSF作品も読む。TSFを扱う作品では、元々男の人が女の人になり胸の感触を確かめたり女性器をいじってオナニーに発展したりする描写をよく見かけるのだが、この本ではそのようなシーンは、大して存在しない。大して、ね。

大雑把に言えば、お互いに入れ替わってセックスした後に結婚しようぜっていう話。

……本編は、何とかして外出しようとするジルフ(グリニー家の長男)と、それを阻止するメイドのリミア(表紙の彼女)の会話から始まる。
ジルフは、怪しい商人から買ったピアスを使ってリミアと入れ替わった後に外出を試みるが、あっさりとバレてジルフに入れ替わったリミアから説教を受けてしまう。

結局、入れ替わりが元に戻るまでそれぞれ2人はそれぞれの生活を過ごすことになるが、リミアのこなすべき仕事量は多く、事前にそれを把握していなかったジルフは、それについていけなかった。
途中トイレに入り用を足すが、力の入れ方がわからずアソコをいじってみると、あまりの気持ちよさに思わず声が漏れてしまうジルフ。やらしい。

ジルフは入れ替わったリミアのことが気になって、自分の部屋へ向かうと、そこには顔色がちょっと悪くなった彼女がいた。状況を確認しようとすると、リミアはジルフのアソコを勃たせていた。
どう処理すればいいかわからずそのまま収まるまで放置していたリミアだったが、ジルフが代わりにしごいて、無事一発射精することに成功する。

しかしそれだけで終わらず、思わず股を濡らしてしまったジルフは自分の体に移ったリミアとのセックスに挑む。いまだに童貞を卒業していないのに処女を卒業するっていうのは、TSFではよくある話だ。

初めて挿入されて女としての快感を味わったジルフは……と、話は続いていく。

ジルフが、自分のチンコで気持ちいいところを突いてと懇願するコマは、個人的に好き。

全体的に純愛というか、相思相愛なセックスと言える。なので、NTR等の略奪愛が苦手で且つTSFに興味があるならば、この本で抜くことも検討されてはいかがだろうか。

他にも、けものフレンズで、チンコの生えたかばんとタイリクオオカミがセックスするおねショタ同人誌や、旅行先で町内会の会長に寝取られてしまう人妻の同人誌など、買った本は多数あるものの、全てにレビューを書くのはめんどくさいのでここで終わりとする。

ここまで読んでいただいた方に感謝の意を申し上げる。

0 件のコメント:

コメントを投稿